経済格差

日本で年間に生産される清涼飲料水は数億本と言われています。そのなかで今一番人気なのがお茶だそうです。最近は何事にも健康志向が最優先されているからだと思われます。ところでこの原料になっているお茶はほとんどが中国からの輸入だそうです全体の90パーセントをはるかに越えているそうです、日本で作っているお茶を使ったら一本いくらにつくのでしょうか。中国のお茶を生産している農家では年間収入が以前の十倍以上になってお茶御殿が建つほどだそうです。注目したいのは十倍以上になった収入の金額を日本円に換算してみると驚く程の金額ではないように思われることです。貨幣価値の違いからくるものなのかはよくわかりませんが。今後ますます日本の食糧輸入は外国の安い物を求めてふえつずけて行くような気がしますが食品の安全対策には万全を尽くしていただきたいと思います。中国の経済発展には世界中が注目しています、しかしそのかげには環境問題が重くのしかかってくることも事実です、日本が過去に経験した環境汚染を中国で起きないよう願っています。 コメント[0]

コメントを残す