基本練習

大相撲の元大関のバルト関が引退をしました。優勝経験もありとても残念でなりません。豪快な取り口が特徴で相手力士を吊り上げたときなどは将来横綱もめざせるのではないかと思える程でした。しかしながらその豪快な取り口があだとなってしまいました。技を仕掛ける時に足をかけらりたり、すかされたり、予想もしない技をかけらりして膝を痛めてしまい足踏みをしてくることが多くなってしまいました。体重のある力士が一度ケガをしてしまうとなかなか直らなくなってしまいます。相撲の基本は摺り足からのような気がします、押し相撲は一番のような気がします。バルト関の引退はとても残念でなりませんがこれから後輩の指導で自分を超える力士を育ててほしいと思っています。 コメント[0]

コメントを残す