高校野球

夏の甲子園を目指す県予選は各地区で決勝戦が行われ出場校が続々名をあげています。私の千葉県は木更津総合高校が昨年に続き出場を決めました。自宅の近くにある専修大学松戸高校は惜しくもベスト4で敗退してしまいました。今日、西東京の決勝戦は日大三高対東京都立日野高校の対戦でした。日野高校は妻の出身高校で優勝すれば数十年ぶりの都立の出場でしたが残念ながら敗れてしまいました。日大三高は体格からみても試合開始から負けているような気がしました。決勝まで行くためには投手は連投続きで肩を壊さないか心配になります。トーナメントは負けた時点で終わりになってしまうため無理をしても投げなくてはならないのです。ある野球解説者によると注目の選手が予選で敗れてくれるとほっとするそうです。投げすぎて肩を壊されるのを恐れているからだそうです。高校、大学と投げすぎてプロに入って活躍できない選手もたくさんいます。先行き考えないといけないような気がします。 コメント[0]

コメントを残す