どうしたジャイアンツ

読売ジャイアンツがまさかの13連敗を期しました。開幕はなかなかいいかなと思っていましたがどこでつまづいたのかズルズルと今までありえなかったまさかの13連敗です。私はジャイアンツの監督に権限がなさすぎるのではないかと感じています。選手の起用法にチームフロントの意見が反映されすぎているように感じています。今の選手起用方は果たして監督の考えなのか非常に疑問を感じています。今の状態ではファン離れが心配です。他の球団の使い古しの選手を獲得することより若い将来性ある選手を獲得することにして行くべきだと感じています。今は昔、巨人大鵬玉子焼きの時代は終わっていることに気付くべきだと思っています。 コメント[0]

開花

今年は例年になくサボテンの花がたくさん咲き乱れました。このサボテンはだいぶ前に生徒さんから一株だけいただいたサボテンでした。最初はこんなに増えて大きくなるとは予想もしていませんでしたが鉢と土を新しくして育てていましたら立派に成長して来ました。サボテンの花は開花して1日で終わりを迎えてしまいます、月下美人と言う名のサボテンがありますが夜に花を咲かせ数時間で終わりを迎えます、それはそれはなんと美しいことでしょうこんな繊細な花があるのかと驚くばかりです。花の命は短くてということわざがありますがまさにそのとうりと思うばかりです。我が家では他にもこれから夏に向かいサヒィニアやペチュニアの花が開花を迎えます朝夕の水やりが大変になって来ます。開花した様子を写真に載せますお楽しみに。 コメント[2]

大関高安誕生

茨城県土浦市出身の高安関が大関に昇進しました。先場所横綱稀勢の里の誕生に続き同郷からの誕生ですおめでとうございます。二人は同じ田子ノ浦部屋に所属し以前は今は亡き横綱隆の里関の元で修行して来ました。横綱稀勢の里関が2年先輩だそうです。入門当時は辛くて部屋を何度か抜け出したこともあったそうですが厳しさを乗り越えての大関誕生です。過去は過去でいいではないかと思います本名である高安をどこまでも貫いて欲しいと思っています。これからは茨城県から目が離せませんよ。頑張れ高安関! コメント[0]

梅雨直前

まもなく梅雨の季節に入りますが皆様は最近の気温の変化について行けていますか。以前に比べて春先の気持ちの良い天気が短くなってしまったような気がします。桜の花が散り始めた頃から東京のほうでは暖かくなり始めあっという間に気温が上がって来たような気がしました。この頃では日中30度を超えたり23度ぐらいに下がったりと忙しい温度変化で体調を整えるのに苦労しています。寝る時も毛布を一枚多くするかしないかと毎日悩んでいます。朝方は温度が下がり寒くて起きてしまいあわてて毛布をかける始末で少し風邪気味の気がします。今のままで行けば東京の年平均気温は今世紀末には九州の屋久島の温度なるだろうと言われています。もしそうなれば動物や植物の生態系は大きく変わって行くことでしょう。この大変な時期に温暖化対策の世界的注目のパリ協定から超大国アメリカのトランプ大統領は離脱を表明しました。アメリカファーストを推し進めるのはわかりますが今、世界が抱えている温暖化対策に逆こうするやり方には到底賛成できません。いずれ国民が黙ってはいないと思いますが。さあ真夏の35度の温度に負けないよう体力をつけて起きましょう。 コメント[2]

プロ野球観戦

先日の日曜日久しぶりにプロ野球観戦に東京ドームに行って来ました。読売ジャイアンツと阪神タイガースの伝統の一戦でした結果は阪神タイガースが2対1で勝利しました。生で見る試合はテレビで見るのとは全然違い迫力もあります。テレビではピッチャーとバッターがメインに映されますがピッチャーが投げた瞬間の野手の動きをよく見ることが出来ます。とくに打者がランナーを送るときに使うバントの時の野手の動きには迫力すら感じます。私はこのような選手全体の動きを見るのが好きです。阪神のピッチャーはスピードもキレもありジャイアンツが得点するのは大変だろなとおもいました。ジャイアンツのピッチャー内海投手は立ち上がりが悪く初回から点を取られてしまいました。この試合はなんとなく嫌な展開になるなと予感しましたが当たってしまいました。それでも2点で抑えた内海投手は合格点だつたと思います、ジャイアンツの打線がつながらないのが一番気になります。チャンスが何度かあったのにその都度凡退していました。阪神ファン、ジャイアンツファン、の応援を見るのも楽しみでした。この試合では阪神ファンの応援の方が迫力がありジャイアンツファンの応援が負けていたように思いました。ラッキーセブンの両チームの応援歌が鳴るとやっぱり生で観戦するのはいいなとつくづく思いました。3月に二軍チームの試合を鎌ケ谷市にあるニッポンハム球場で見ました。この試合はニッポンハムと読売ジャイアンツの試合でした。開幕戦で観客も多く盛り上がっていました。しかしながら他の試合では観客もほとんど無いようです。一軍で試合に出ることがいかに大変か、一軍登録されることがいかに大変か選手は毎日天と地を行ったり来たりしているのではないかと思います。また機会があれば行って見たいとおもつています。 コメント[1]

管理社会

最近のスマートフォンや防犯カメラの映像技術の精度には眼を見張るものがあります。銀行のATMで使われている指紋認証システムが安全だと思っている人はかなりいると思いますが今ではそうではないのです。先日テレビ番組を見て驚きました。写真などを撮る時よく指を立てることがありますがこれから指紋がコピーされるケースがあるのです。私も一眼レフカメラで試して見ましたが普通に撮ったはずなのに拡大すると見事に指紋が写っていました、驚きでした。我が家の排水管を掃除しようと見積もりを取った時も排水管の中を写真を撮りその場で拡大をして汚れ具合を見ていました。多くの人が集まるような所は必ず防犯カメラが設置されており私たちの顔画像は常にとられているようです。スーパーマーケットなどでは何かのきっかけで万引きなどで摘発されるとその画像が周りのコンビニやスーパーマーケットに共有され瞬時に入店した段階で前歴リストにアップされる仕組みになっているようです。最近国会ではテロに関する会議がなされていますがマイナンバーやいろいろな面で私たちの行動が管理されているような気がします。 コメント[3]

桜咲く

待ちに待った桜の花が満開になりました。東京では2日の日曜日に満開を迎えたとニュースで聞いて日本武道館の周りに行ってみましたがまだ五分程度の開花でした。上野公園の開花が早かったようで花見客で10万人近い人で賑わっていたようです。千鳥ヶ淵周辺も人々の数はすごかったです。教室近くに松戸神社があり、今日満開を迎え見て来ましたので写真を載せます。ありとあらゆる生き物が春を待ち今まで縮んでいた体を伸ばしたくなり、また何処かに出かけたくなるそんな季節のような気がします。雪国では雪解けを機にいっせいに野の花が開花するそうです。先日山形県鶴岡市の先生からメールがありまだ開花には時間がかかるとのことでしたが楽しみに待っていてください。 コメント[4]

感動大相撲

大相撲春場所は新横綱稀勢の里が大関照ノ富士を優勝決定戦の大一番に勝って優勝しました。13日目に日馬富士に敗れた時に左肩を痛め休場かと思いましたが痛みを押して出場しましたが14日目は何もできず敗れてしまいました。万事休すかと思われましたが千秋楽に全てをかけて出場しました。一敗の照ノ富士との大一番本割りで負ければ終わりの一番、なんと勝ってしまいました。場内は大きな拍手の嵐でした。なんと優勝決定戦になり場内は稀勢の里への応援が圧倒的だったように思いました。立ち会い照ノ富士のもろ差しをゆるしダメかなと思いましたが稀勢の里の下がりながらの右小手投げが決まり勝利しました。感動の大逆転でした。20年前に横綱貴ノ花が膝の怪我を押して決定戦で武蔵丸に勝った一番がありましたがそれを思い浮かべました。表彰式での涙は日本中の人々に感動を与えたのではないでしょうか。茨城県の牛久では大ヒィーバーなのでは、来場所は隣の土浦市出身の高安関が大関を目指します茨城県出身の私にはますます楽しみの大相撲です。稀勢の里関感動をありがとう。 コメント[0]

PM2.5大気汚染

中国の大気汚染がますますひどくなってきています。日本にも春先になると汚染物質が飛んでくるようになる事でしょう。中国では年間に100万人を超える人たちが大気汚染の影響で亡くなっているそうです。肺疾患や白血病などが多いようです。なんと驚きの数字ではないでしょうか。私は以前からこれからの中国の最大の課題は環境問題ではないかと思っていましたがジワジワと汚染が広がって来ました。リーマンショック以来少しづつ景気が落ちて来て製鉄所が廃業に追い込まれるなどして大気がきれいになるのもつかの間、今度は失業、土壌汚染など影響は計り知れません。日本でも高度経済成長の時は大気汚染は深刻でした、今でも病気で苦しんでいる人たちもいます。中国がこれ以上ひどくならない事を願っています。 コメント[0]

日程・予定

2017年7月2日
日曜講習初級
12:00 PM - 4:00 PM
2017年7月9日
日曜講習上級W.Q②
1:30 PM - 3:30 PM
2017年7月16日
日曜講習初級
12:00 PM - 4:00 PM

最近の投稿

最近のコメント

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

投稿の並び替え

順序の項目
作成者
タイトル
日時
最終更新日時
コメント数
順序

RSS

ポッドキャスト